パンツ選びのコツ!!ボクサー、トランクスのメリット・デメリットを知ろう!!

スポンサーリンク
パンツ 大人向け
パンツ

こんにちは!!ゲイリーマンのコン助です!!

男性のパンツにはいくつか種類があります。

購入する時どれがいいのか

何となくボクサーパンツにしているけど。。。

なんて考えてしまいますよね。

今回はパンツのタイプ別にメリット・デメリットをお話します。

おちんちんのことを考えたパンツ選びの参考になれば幸いです。

それでは今回も

「みんな大好きおちんちんむきむきタイムのスタートです!!」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【この記事でわかること】

・男性のパンツの種類

・種類別メリット、デメリット

・休日、寝る時のおすすめパンツ

読んでほしい人:

男の子を持つママパパ、男性にパンツの購入を考えている女性、男性諸君

人生プラス度:★★★★

 

スポンサーリンク

【男性のパンツの種類】

◆知っておきたいパンツの構造

ボクサー、トランクスうんぬんの前に

どのパンツにも共通している構造2種類についてです。

実際に僕の姉2人も

男の子がいるのに知らなかったようですので

初耳の方もいるかもしれません。

それは前開きか前閉じかです。

 

・前開き

前開きは文字通りパンツの前部分を開けることができ

そこからおちんちんを出すことができます。

おしっこをするときにここから出して

ズボンの社会の窓を通って外に出ます。

布が左右から折り重なるようになっているか

ボタンで止めてあり開けることができる仕組みです。

変なパンツはチャックのものもありますがほぼこの2パターンです。

しかし最近はこの前開きは少なくなっています。

それは、おしっこする時にここから出さず

パンツの上からおちんちんを出す人が増えているからだと思われます。

最近のパンツはローライズのものが多く

パンツの上から簡単に出せるのでその方が楽で早いです。

昔のパンツはおへそかおへその上までありましたから

社会の窓から手を突っ込んでパンツの上から出してくるのは大変です。

そのため前開き機能があってここから出していました。

そういったデカパンも減り前開きは減少傾向にあります。

逆を言うと前開きは大きめのパンツが多いです。

よくいわれる昔ながらのおじさんが履く白ブリーフは前開きですね。

また、前開きのように見せているがフェイクなこともあります。

デザイン上、前開きのデザインの方がいいこともあり

しかし実際の前開き機能はいらないのでフェイクになっています。

 

・前開きのデメリット

前開きは前側の生地が重なっていることもあり

ズボンを履くと前側がごわつきます。

また、特にトランクスの場合

ボタン止めでない前開きは

おちんちんが勃起した時にパンツから出でしまうことがあります。

朝起きた時に朝立ちして、こんにちはすることもあります。

あとはあぐらかいたときにパンツの前側が若干開くので

そこから、のぞける状態になっていることもあります。

 

・前閉じ

文字通り、女性のパンツと同じで

パンツの前が開かないタイプです。

前側で生地が縫い合わさっているものもあれば

一枚の生地で覆われるように作られているものもあります。

よっぽどおへその上まであるデカパンツでなければ

これで困ることは特にありません。

 

◆ボクサーパンツ

おそらく今一番みんなが履いているタイプだと思います。

股下数センチあるホットパンツ型ですね。

僕が子供の頃はブリーフ → 小学生くらいでトランクスになり

その後ずっとトランクスでした。

ボクサーパンツはあまり主流ではなかったです。

20年くらい前までは高校生や大人もトランクスが多かったと思います。

ここ20年でボクサーパンツが流行りはじめて定着したように思います。

昔、子供用のボクサーパンツなどほとんどなかったですが

今では子供用のボクサーパンツも種類が多く

甥っ子たちもおむつが取れてからみんなボクサーパンツです。

 

・ボクサーパンツのメリット

何といってもフィット感と見た目のカッコよさ!!

フィットするのでおちんちんが安定します。

動きやすさも抜群。

ズボンを履いてもトランクスのように裾がまくり上がりにくいです。

スポーティーな見た目のためいやらしさもなく爽やかです。

 

・ボクサーパンツのデメリット

おちんちんのもっこりが目立ちやすいく

思春期の頃は体育の授業で着替える時はちょい恥ずかしいかもしれません。

また、足の部分の裾が厚めに縫い合わされていると

スーツやタイト、薄手のズボンの場合はパンティーラインがわかります。

そして、通気性が悪いので蒸れやすいです。

熱がこもりやすいのでおちんちん(タマタマ)にはあまりよくありません。

サイズが小さいものだとおちんちんが圧迫されます。

おちんちんが上側についている人や上に反ったおちんちんの人は

おちんちんを上向きに収納することができますが

そうでない人はおちんちんを上向きに収納してしまうと

動いた時におちんちんが下向きに戻ろうとして

パンツの途中でひっかかり突起物みたいになります。

こうなるとチンポジ(おちんちんのパンツの中でのポジショニング)が

悪く落ち着かないです。

そして仮性包茎の人でアンダーヘアの処理をしていない人は

毛を巻き込む巻き込み事故がこの時発生しやすいです。

 

◆トランクス

めっきり愛用者が少なくなったトランクス。

俗に言うガラパンですね。死語かもしれません。

多くは伸縮性のない薄手の生地で短い短パンのようなものです。

生地がニットだとボクサーっぽくもありますが

ボクサーパンツよりフィット感はありません。

 

・トランクスのメリット

何といっても解放感。おちんちんの圧迫はありません。

そして裾が開いているので通気性抜群で蒸れにくいです。

熱がこもらないのでおちんちん(タマタマ)にはいい環境です。

また、蒸れないことは雑菌の繁殖が抑えられ臭いも予防できます。

 

・トランクスのデメリット

歩くとおちんちんがブラブラします。

トランクスだけだとおちんちんがポロリ、

もしくは見える可能性があります。

スキニーなどのタイト寄りのズボンは履く時に生地がまくれ上がり

また生地量も多いため履きにくくごわつきます。

特にスーツを着る時はやめた方がいいです。

トランクスは真ん中に縫い目のあるデザインのため

おちんちんを真ん中に収納できず右か左に寄せなければなりません。

そうすると右もっこりか左もっこりになってしまいます。

恥ずかしいですし、見っともないないですので

スーツでトランクスはやめましょう。

トランクスが主流のひと昔ふた昔前は

スーツも緩めのデザイン(トレンディードラマのような)だったため

トランクスでももっこりすることは少なったです。

しかし、昨今のスーツは全般タイト目につくられていますので

トランクスとの相性が最悪です。

そして、ズボンの中で折り重なってしまったトランクスのしわが目立ちます。

 

◆ブリーフ

履く人によってはものすごくダサくもなりセクシーにもなります。

オーソドックスでありながら履きこなしが難しいデザインです。

ブリーフのイメージの多くはおじさんが履く白かグレーのダサいものです。

それかキャラクターデザインのかわいい子供用です。

しかし、実はバリエーションは豊富で色もデザインも色々あります。

原色の赤青緑黄などの色で生地のつなぎが太めの白で繕ってあると

少年らしさが出てとてもかわいい印象です。

また、ローライズのブリーフはスタイリッシュです。

鍛えた体にはとても映えるパンツです。

お腹ぽっこりのおじさんがデカめの白ブリーフを履くと究極にダサく

清潔感は感じないですが

鍛えた体の人が白ブリーフを履くとかっこいいんです。

とても清潔でいて、なんとも言えないセクシーさがあります。

昔からあるのに一番履きこなすのが難しいタイプですので

ブリーフを買う時はサイズ感とデザイン

自分の体形を確認してから買いましょう。

 

・ブリーフのメリット

抜群のフィット感。

そしてボクサーよりもおちんちんが安定します。

どんなズボンも履きやすいく

動きやすいためスポーツにも向いています。

生地が少なく小さいので洗濯や収納が楽です。

 

・ブリーフのデメリット

マイナーなので人前では着替えにくいです。

もっこりが目立ちます。

ボクサー同様におちんちんの上向きに収納に向いていない人は

履いた時に上向きにすると

動いたと時にチンポジが変わり落ち着かないです。

蒸れやすいのでおちんちん(タマタマ)にはあまりよくありません。

フィット感はあるものの小さすぎと圧迫されます。

バリエーションはあるもののボクサーやトランクスほど

様々な柄のデザインはありません。

足の裾部分が分厚いとパンティーラインが出ます。

 

◆ビキニ、Tバック

これは履いている人はかなり少数ですかね。

大丈夫だと思いますが

子供や学生のうちは周りに引かれるので履かない方がいいですね。

ただ、これがセクシーと感じたり動きやすさもあったりで

大人になってから履くのは全然ありです。

ゲイにも愛用者がたくさんいます。

 

・ビキニ、Tバックのメリット

とにかく動きやすい。

特にTバックはお尻に生地がないので突っ張らず

スポーツをする人は好んで履く人もいます。

生地が少なく小さいので洗濯や収納が楽です。

履きこなせればセクシーさは最高レベルです。

Tバックの場合、パンティーラインが出ません。

 

・ビキニ、Tバックのデメリット

人前では着替えにくいです。

洗濯も外には干しにくいです。

ナルシストと思われがちです。

蒸れやすく生地の面積も小さいので窮屈です。

 

スポンサーリンク

【休日、寝る時のおすすめのパンツ】

◆休日のパンツ

休日で出かける予定がない場合は

ぜひトランクスをお勧めします。

通気性と解放感があり

平日窮屈な思いをしてきたおちんちんを開放してあげましょう。

血行をよくすることと熱を持たせないことが

おちんちん(タマタマ)には大事です。

トランクスは裾が締め付けられていないので血行が悪くなりにくいです。

トランクスがない場合は使い古された

伸び伸びボクサーパンツでもOKです。

誰も見てないし出かけないのだから

ゆったりできるパンツにしましょう。

 

◆寝る時のパンツ

寝る時は、逆にトランクスはお勧めできません。

通気性もよく解放感もあるのに

就寝時にも持って来いと思うかもしれませんが

その点は確かに素晴らしいのですが寝にくいです。

ニットでないトランクスは伸びにくいので

横向いて寝る時はお尻の部分がつっぱります。

また、開放がありすぎておちんちんが安定せず

太ももの付け根や蟻の戸渡にくっついたり

タマタマを太ももで挟んだりと

自由がありすぎて落ち着かず寝にくいです。

そして、布団に入る時や寝返りを打つ時などパンツがまくり上がったりズレたり

真ん中に縫い目があるので食い込んだりします。

窮屈でない(伸び気味の)ボクサーパンツにしましょう。

ブリーフやビキニはダメではないですが

ゆるめのものでないと鼠径部に締め付けが行くので

リンパの流れが悪くなります。

 

スポンサーリンク

【パンツごとのメリットデメリットまとめ】

どのタイプのパンツにしてもメリットデメリットがあります。

一番は履き心地がいいことです。

服装や環境によっても変わって来るので

履く人に合ったパンツにしましょう!!

また、何種類か持っておくことおすすめします。

おすすめパンツはこちら↓↓

▼▼▼ TOOT(トゥート) – 男の攻める下着 ▼▼▼
 


コメント

タイトルとURLをコピーしました