【警告】ゲイに狙われる!普段使ってるその場所『ハッテン場』かも。

スポンサーリンク
ハッテン場 男子諸君へ
ハッテン場

こんにちはゲイリーマンのコン助です!!

この前、駅のトイレ使ってたら

隣の人の視線をすごく感じて

怖かったんだ。

 

普段使っている何気ない場所が

ゲイが集まるハッテン場の可能性大。

今回はストレートの男性が

ハッテンに巻き込まれないために

狙われない方法と

ハッテン場について紹介するよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【この記事でわかること】

・身の回りのハッテン場

・ハッテン場の種類

・ハッテン場でゲイに狙われない方法

年間のべ100本のおちんちんと出会って来ました。
ハッテン場の経験ももちろんあり
公共の場で狙われたこともあるし
痴漢の被害もあるし
スーパー銭湯に行けばチャンスを伺ってるゲイを必ず見つけます。
スポンサーリンク

【身の回りのハッテン場】

はじめに公共の場所でのハッテンは犯罪です。
以下はハッテンを助長するものではなく
身を守るための情報発信です。

また、公共の場でハッテンしているのは
一部のゲイでありみんなそうではありません。

巻き込まれるというのは
直接何かされるというは滅多なことがないとあり得ません。
執拗に見られたり付きまとわられたりということです。

~ハッテン場とは~
場所はともあれゲイ同士が性交渉、
射精し合う、触り合う、見せつけ合うなど
不特定多数で性的な行為をするところです。

ストレートの男性には衝撃の事実だよね。

①お風呂屋さん

全員全裸ですから

もっともハッテンしやすくなる場所です。

スーパー銭湯でも、ただの銭湯でも

ハッテン場になります。

死角が多いところはより有名なハッテン場となりやすいです。

大都市、郊外はあまり関係なく

各都道府県、有名なハッテン温泉が存在しています。

知らずに使っていると

狙われてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

あまりにハッテン場として有名なところは

ほとんどの客がゲイと化して好き放題やってるお風呂屋さんも存在します。

ちゃんと取り締まればいいんじゃないの?

 

そうすると売上がなくなって存続が厳しくなるから

運営側も黙認するしかないのも事実なんだ。

ゲイだからみんながハッテンするわけではなく

純粋にお風呂を楽しんでる人もいるからね。

 

■有名スポット

東京:羽衣湯

神奈川:恵びす温泉

大阪:金比羅温泉

横浜にあるスカイスパ は以前
ハッテン場としてリクライニングルームさえも
ハッテンできると名を馳せていましたが
改装などによりほぼノーマルな温浴施設になりました。

 

②トイレ

ちんこを出すのが必然な場所ですから

ハッテン場となりやすいです。

お風呂屋さんと違い地方になるほど

人が少ないのでハッテン場にはなりません。

ほとんどの場合、乗り換えの多い主要駅

もしくは駅ビルなどのトイレがハッテン場になりやすいです。

トイレは人の出入りが多いところも

反対にあまり人が来ないトイレもハッテン場になります。

主要駅の改札近くのトイレは人の出入りが多いため

覗き込んだり、見せつけたり、最悪の場合盗撮するためにハッテン場と化します。

ハッテン場というより

一部の人がストレートの男性を

獲物にしてるんだよね。

反対に駅構内でも端の方や行きにくいところ、

人通りが少ない所はもっとコアなハッテン場になりやすいです。

・もうおしっこも出ていないのにいつまでも便器の前に立っている人

・鏡の前でずっと監視してる人

・トイレの入り口で獲物を待ち伏せている人など

ゲイが集まっています。

あまり使われていないトイレだからこそ

何も知らずに入るとゲイだと勘違いされて

誘われてしまうかもしれません。

 

駅ビルのトイレは不特定多数というより

マッチングアプリや掲示板などで出会った人が

ハッテンする場所と使われることが多いです。

トイレならどこでもいいわけではなく

婦人服売り場の階の男子トイレなど

特に人が来なそうなところが使われやすいです。

 

おしっこしたいからと飛び込んだトイレが

某有名なトイレだったら覗き込まれたり

誘われたりするかもしれません。

個室トイレから変な音が聞こえて来ることだってあるでしょう。

 

良くも悪くも

お互いに良いと思ったらトイレに行って

サクッと行為に及べる。

それがゲイなんだよね。

もちろんやるやらない別にしても

やる気ならやれちゃうすごさよ。

 

■有名スポット

東京:JR新宿アルプス広場のトイレ、西口トイレ

神奈川:JR横浜駅京急改札側トイレ

大阪:阪急中2階トイレ

トイレのハッテン場の聖地だった
上野駅13番トイレはなくなってしまいました。

 

③公園

そこそこに人口がいて、樹木に囲わられて

周りから中が見えにくい公園はハッテン場になりやすいです。

ケータイ、スマホなどなかった時代は

こういう所に夜な夜な集まりハッテンしていたそう。

 

冬は寒いし雨の日は不向きだし

あまりハッテン場としての力はありませんが

夜中に公園に散歩に行く時や

飲んだ帰りに酔い覚ましに公園のベンチに行く人は気をつけましょう。

 

■有名なスポット

東京:隅田公園

神奈川:反町公園

大阪:扇町公園

 

④電車

大都市限定にはなりますが

電車の先頭車両や最後尾車両にて

触り合いが行われます。

とはいえお風呂やトイレはちんこが出ていても

そういう場なので気づかれにくいものの

電車は女性もたくさん乗っており激しいことはできません。

軽く触るくらいでしょう。

そこそこ混んでなければ周囲にバレてしまいますし近づくこともできませんね。

また、人の乗り入れもあり自分が乗車している時間だけなので

時間的にも短くなります。

スーツやスウェットは狙われやすいので

先頭車両や最後尾に乗る時は気をつけましょう。

 

■有名なスポット

東京:埼京線

 

⑤その他

プール、クラブ、映画館、海岸など

あらゆるところがハッテン場になる可能性があります。

裸になるところ、距離が近くなるところ

暗い場所などはハッテン場になりやすいです。

気をつけましょう。

 

ただ、ジムはハッテン場化してる噂はあまり聞きません。

やはり会員登録しているので除外されている模様です。

薄着、タイトな服、トレーニング、

ストレッチ、汗、プール、ヨガ、サウナ、

お風呂、シャワー、ロッカーと

ジムはハッテン要素たくさんだけどここは割と安全地帯みたい。

 

 

■有名なスポット

~プール~

東京:芝公園プール

埼玉:沼影市民プール

神奈川:元町プール

大阪:真田山プール

 

~ビーチ~

千葉:釣師海岸

神奈川:小坪海岸

静岡:米津海岸

 

~映画館~

神奈川:光音座

 

~クラブ~

ゲイクラブではあらゆるテーマで

イベントが開催されています。

触るのは当たり前、

あんなこともこんなこともあるとかないとか。

・ノーパンスウェットナイト

・露出狂ナイトetc.

 

スポンサーリンク

【ハッテン場の種類】

①有料ハッテン場

ヤる目的でお金を払ってゲイだけが集まる場所です。

みんな共通目的で理解しているので

ゲイはここでハッテンすべきです。

それだけです。

 

②セミ有料ハッテン場

↑で紹介したクラブイベントです。

露出多めであり触られることも理解した上で

かつゲイオンリーなので周りに迷惑はかけません。

しかし、本質はクラブなので

お酒と音楽とダンスを楽しむと場所なため度が過ぎた行為はNG。

 

ここからはストレートの男性が巻き込まれる可能性があるので注意です。

③公共ハッテン場(有料)

スーパー銭湯などのお風呂屋さんやプールといったお金を払う施設です。

もちろん公共の場ですのでハッテン行為は絶対NG

しかし、誰がゲイか、ゲイであっても

変なことしないかは見抜けないため

自分で身を守らなけばなりません。

 

④公共ハッテン場(無料)

駅や駅ビルなどのトイレ、公園など

お金を払わないところです。

気楽さがあるため被害に遭う確率は高いです。

特にトイレは何もされなくても

盗撮されているリスクがあるので

十分に注意してください。

 

スポンサーリンク

【ハッテン場でゲイに狙われない方法】

①「爆サイ」で検索してみる

爆サイという掲示板サイトがあり

あらゆるトピックがありますがハッテン場の掲示板も豊富。

身近な場所がハッテン場だったということがよくわかります。

出かける前はこちらで検索してみて安全性を確認してください。

もしくは「〇〇(行き先) ハッテン場」で

検索してヒットするか確認してみましょう。

ほとんど問題ありませんが

プールや公園、お風呂屋さんに行く時は必ずチェックです。

 

②人気のないトイレは使わない

緊急事態は仕方ないですが

極力人気がないトイレは避けましょう。

便器に立った途端どこから現れたかわからないおじさんが

隣に来て視線を感じるということがあります。

人気のないトイレにはそこをテリトリーにしている主がいます。

 

③不用意に目を合わせない(お風呂屋さん)

目が合ったとしても

何度も目を合わせてはいけません。

目線を感じるとふと見てしまうものですが

勘違いされてしまいます。

やたら見て来る人からは離れましょう。

 

④1人の時は注意(お風呂屋さん)

グループで来ている人たちはターゲットになりません。

1人でお風呂に行く時は注意しましょう。

 

⑤体を鍛えてる場合より注意(お風呂屋さん)

体を鍛えていると仲間だと勘違いされやすく

ゲイじゃないとわかっても良い眼福ですから

付きまとわられてじっと見られるなど被害に遭いやすいです。

 

⑥閉店間際まで滞在しない(お風呂屋さん)

閉店間際が1番盛んになるようで

最後まで残っていると仲間だと勘違いされて

アクションを仕掛けてくるかもしれません。

 

⑦1人でずっといる人には近づかない(お風呂屋さん)

1人で何時間も滞在している人は要注意です。

入った時はわからないものの

しばらくいると「この人まだいるな」という人が現れて来ます。

サウナを楽しんでるだけならまだ大丈夫なものの

ずっとお風呂に入って涼んで

また入ってを繰り返している人には気をつけましょう。

 

⑧誘ってしまう行為をしない(お風呂屋さん)

すでにパイパンの人は仕方ないですが

お風呂屋さん行く前にわざわざパイパンにしないようにしましょう。

ゲイと勘違いされるリスクが高くなります。

 

隠さない人が増えたとはいえ

大股開きで見せつけるようなことはやめましょう。

誘ってると思われます。

 

向こうが見て来るから見てしまのだとしても

怪しい人と目を合わせてはいけません。

何気なくでも不用意にちんこは触らないようにしましょう。

なお、怪し人に対して
注意したり喧嘩を売るのはオススメできません。
確実性はありませんし
そうであっても常識のない人ですから関わらないのがベター。
しかし、明らかな被害にあった場合は
すぐにスタッフに報告しましょう。
お風呂の場合、裸なのでフロントには行けませんが
清掃スタッフやアカスリスタッフがいるので
見つけて報告してください。

スポンサーリンク

【普段使ってるその場所『ハッテン場』かも。まとめ】

お出かけ先がゲイが戯れる

ハッテン場の可能性があります。

行く前に検索しましょう。

また、相手を誘うような行動には注意してください。

 

〜身の回りのハッテン場〜
①お風呂屋さん
②トイレ
③公園
④電車
⑤プール、クラブ、映画館など

〜ハッテン場の種類〜
①有料ハッテン場
②セミ有料ハッテン場
③公共ハッテン場(有料)
④公共ハッテン場(無料)

〜ゲイに狙われない方法〜
①人気のないトイレは使わない
②お風呂屋さんに行く時は事前チェック
③不用意に目を合わせない
④1人の時は注意
⑤体を鍛えてる場合より注意
⑥閉店間際まで滞在しない
⑦1人でずっといる人には近づかない
⑧誘ってしまう行為をしない

スポンサーリンク
男子諸君へ
スポンサーリンク
コン助をフォローする
すげーなスゴイデス

コメント

タイトルとURLをコピーしました