男児ママパパ必見!!【<子供目線>おちんちんむきむき体操(洗い方)】

スポンサーリンク
新米パパママへ

こんにちはゲイリーマンのコン助です。

今回は僕がブログを始めたきっかけになった

おちんちんの洗い方についてです!!

世間でいうむきむき体操。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【この記事でわかること】

・子供のおちんちんの洗い方がわかる(子供目線)

・おちんちんを剥く必要性

特に読んでほしい人:男の子を持つママ、パパ

人生プラス度★★★★★

 

はじめて男の子の親になったママには

子供のおちんちんは不思議なものですよね。

男の兄弟がいたとしても見たことがある程度で

それ以上のことはわからないかもしれません。

大きくなって大人の男性と出会ってから

よくよく見たという人も多いと思います。

子供と大人のおちんちんは大きく違うものでその扱い方にも注意が必要です。

先輩ママさんたちがおちんちんの洗い方について

教えている記事もありますが全部ママ目線なんです。。。

甥っ子2人のおちんちんを剥き

自分も幼少期にその痛みや苦労を知っているからこそ

子供目線でお伝えします!!

そんなわけで「みんな大好きおちんちんむきむきタイムのスタートです!!」

 

スポンサーリンク

【子供のおちんちんの洗い方】

◆お風呂に入るとき剥かなきゃいけないってのは

なんとなくわかるけどどうしたらいいの?

 

[やり方-おちんちんの皮を剥く-]

人差し指と親指でおちんちん中央部分を優しくつまんで

根元に向かってゆっくり下ろして行ってください。

やりにくい時は逆手でもOKです。

※よく両手で剥くなんて書いてありますが、

小さい赤ちゃんのおちんちんは両手だと安定しません。

片手で剥いて、反対の人差し指でおちんちんを支えてください。

 

~子供の本音~

「激痛だから、絶対、直接剥いた亀頭には触らないで!!」

露出した亀頭は火傷した肌のように触るだけで激痛。

神経むき出し状態と思ってください。

くれぐれも直で触らないで!!

 

「おちんちんを触られるとなんか変な感じで股を閉じたくなる。。。」

※赤ちゃんの場合、足を動かしがちなので剥いてない方の手で

足がおちんちんに触れないよう守りましょう。

これもあり片手で剥く必要があります。

 

[注意点]

毎日少しずつ剥くこと。

包茎という言葉を聞いたことがある人いるかも知れませんが、

赤ちゃんの頃は真性包茎という亀頭と包皮がくっついていて剥けない状態です。

これを毎日少しずつずらしてあげることで徐々に剥けてくるようになります。

無理やりや、一気に剥くのはやめましょう。

 

[やり方-洗う-]

ぬるめのお湯を手で救ってかけるか、弱めに出したシャワーでお湯をかけましょう。

お湯をかけながら(お湯の中で)人差し指の腹で

優しくゆっくり円を描くように洗いましょう。

<子供の本音>

「お湯の中だと痛くないからお湯の中で洗いたい!!」

※きれないなお湯の中ならお湯の中で剥いてしまうのが◎。

(大人になるにつれて摩擦に慣れて平気になるのですが

子供の頃はおちんちん剥いてパンツを履こうもんなら

擦れて擦れてとても痛いです。

しかし、お湯は平気で)

お湯を当ててもお湯の中で触ってもそこまで痛くないのです。

 

[注意点]

ゴシゴシ洗いは禁止です。

おちんちんも剥いた亀頭も、タマタマも繊細です。

よくパパが我慢しろとばかりに強引に洗おうとしますが

自分の幼少期をすっかり忘れています。

そこに厳しさはいりません。

<子供の本音>

「パパは平気なのになんで僕はこんな痛いの!?」

「パパは痛くないからいいじゃん!!」

※子供の頃は痛く、徐々に痛みがなることを話してあげてください。

 

また、石鹸を使用してもいいですが

おちんちんをつまみ過ぎて尿道が開き

尿道に入らないようにしましょう。

また、肌に優しい弱酸性で洗い

終わったらしっかり流しましょう。

泡が残っているとカスが溜まったり荒れたりする原因になります。

 

 

スポンサーリンク

【剥く必要はあるの??】

答えは、あります。必ず剥く訓練をしてください。

<理由>

真性包茎のままだからです。

真性包茎は生まれたての赤ちゃんのようにずっと亀頭と包皮がくっついたままで

剥くことができない状態です。

詳しくは真性包茎の回でお話しますが

真性包茎は病気のリスクを伴うため手術が必要になります。

大人に近づくほどおちんちんの手術は嫌です。

そればかりかおちんちんの発育を妨げるので必ず剥く訓練をしてください。

もう一度言います。

おちんちんの発育を妨げる!!

 

ただ、焦って無理やり剥く必要もありません。

小学生の間に剥ければOKです!!

 

スポンサーリンク

【むきむき体操まとめ】

子供目線になること。

ぬるま湯を使って剥いてあげること。

露出した亀頭には直に触れない。

赤ちゃんの時から剥く訓練をする。

そうしないと大人になってから手術しなければならなくなる。

お風呂でおちんちんを洗うという何でもない行為は

実は生涯に関るとても大事なことなんです!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました