ちんこを剥いた状態で生活するメリットと維持する方法を包茎レベル別に教えます!!

スポンサーリンク
包茎 新米パパママへ
包茎

こんにちはコン助です!!

おちんちんを

剥いた状態で生活するにはどうしたらいいの??

どんなメリットがあるの?

剥いた生活のメリットや方法など

詳しく悩みに答えるよ!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【この記事でわかること】

・ちんこを剥いた状態で生活する方法

・ちんこを剥いた状態で生活するメリット

・真性包茎で剥けない人へ対策

・ちんこを剥いた状態で生活しない方がいい場合

年間のべ100本のおちんちんと何らか関わって来ました。
甥っ子のおちんちんむきむき体操の指導も
思春期前に完全に剥けるようになりました。
千差万別のおちんちんを見てきた経験から
よりおちんちんのためになることをお伝えします。
スポンサーリンク

【ちんこを剥いた状態で生活する方法】

※ズル剥けを推奨するものではありません。

<包茎度を確認>

仮性包茎は軽度、中度、重度の3レベルがあります。

自分がどこに位置するか確認しましょう。

※真性包茎、カントン包茎は

問題なく剥けることがマストのため今回は除外します。

 

<適正年齢>

剥いた状態を維持する努力をしてほしい年齢は

中学生~20歳くらいまでです。

思春期に剥いた状態を維持することで

ズル剥けになることや亀頭が鍛えられ

亀頭の発達、早漏防止につながります。

 

おちんちんは20歳くらいまでは成長しますので

それまでは剥いた状態を維持するようにしましょう。

しかし徐々に成長度は衰退します。

一番成長するのは第二次成長期である中学生の頃です。

この時期に剥いた状態を維持したいですが

まだ亀頭が未熟でパンツが擦れるだけでも激痛の可能性があり

また、体育の授業や部活など体を動かすことも多いため

「常に」というより徐々に慣らしながら

できる時に剥くようにしておきましょう。

 

<剥いた状態を維持する>

①【軽度】:亀頭の半分から上の間で皮が被っている

軽度の人は特別な対策は不要です。

軽度の人は寒くておちんちんが縮こまっている時以外はほぼ

カリにひっかけておけば皮が被って戻ってしまうことはありません。

お風呂上りやトイレのタイミングでしっかり剥いておけばOKです。

 

②【中度】:亀頭の先(鈴口)が見えるくらいから亀頭の半分くらいまで被っている

こまめに剥いた状態を手で直すか、道具が必要。

皮を剥いてカリにひっかけることは可能ですが

座った状態が続いたり運動したりすると皮が戻ってしまいます。

トイレのタイミングなどでこまめに対応してもいいですが

包茎矯正器具を使いましょう。

常に剥いた状態を維持できるので手間が省け

剥き忘れを防ぐこともできます。

包茎矯正器具のおすすめはマイラップ


マイラップは

比較的安価で無理なく装着できますのでお勧めです。

通常用とおやすみ用があり寝ている間も負担なく着用でき

腕輪のようにカリに挟むようにするので目立ちにくいのもうれしいポイントです。

 

カーゼやティッシュ越しに輪ゴムなどでストッパーを作れば

同じように矯正することは可能ですが

セットも大変で、ズレやすいため輪ゴムが直接おちんちんを締めると

水ぶくれやうっ血の可能性があるのでおすすめしません。

 

③【重度】:完全に亀頭が見えずすっぽり被った状態

こまめに剥いた状態を手で直すか、道具が必要。

手で剥いてから何もしなくても皮が戻って来てしまいます。

しゃがんだだけで一瞬で元に戻るでしょう。

この場合もマイラップなどの包茎矯正器具を使いましょう。

重度の包茎の場合、マイラップごと皮が戻ってしまう可能性があるので

運動したり前かがみになることが多い時は注意が必要です。

ズル剥けでも仮性包茎でもどちらでも問題はないのですが

重度の仮性包茎はデメリットが多く20歳まで剥いた状態を維持すれば

重度から脱却することができるでしょう。

 

<おすすめの包茎矯正器具>

マイラップが値段、使いやすさ共におすすめです。

高校生の時、友人5人でふざけ半分、

本気半分で装着していたことがあります。

付けていても違和感はなく亀頭を露出させていることができました。

日常用とおやすみ用がありますが

できるだけ金額を抑えたい場合や、試しにという場合は

おやすみ用でトライしてもOKです。


 

<使わない方がいい包茎矯正器具>

糊で包皮を固定するリキッドタイプ

軽度の仮性包茎であれば固定できますが

重度の仮性包茎だと包皮が多すぎて固定が難しいです。

使用方法はマニキュアのように筆先のようなもので塗り

包皮をまくってくっつける必要がありとても手間がかかります。

またアイプチと同じ感覚なので

擦ると糊が剥がれてチンカスのような白いカスが出ます。

特にメリットはないので使う必要はないでしょう。

スポンサーリンク

【ちんこを剥いた状態で生活するメリット】

①おちんちんの成長を妨げない

成人以降は該当しませんが

おちんちんが成長するとされる思春期から20歳くらいまでは

亀頭に刺激(パンツや太ももに当たる)を与えることで

亀頭が発達した先細りではないおちんちんが形成されやすくなります。

 

②早漏防止

日常生活での亀頭への刺激に慣れ

早漏が改善されやすくなります。

 

③悪臭防止

包茎は亀頭が蒸れやすく、尿や汗が付着していると

雑菌が発生し悪臭の原因になります。

しっかり剥いておくことで蒸れを抑え悪臭を阻止することができます。

 

スポンサーリンク

【真性包茎で剥けない人へ対策】

真正包茎でまだ皮を剥くことができない人は

大人になる前に剥けるようにしましょう!!

無理に剥くのは危険ですので自宅でできる「キトー君」を使いましょう。

・切る必要はないので体への負担はありません。

・2週間で効果を実感。

・郵便局留めで受け取れるから家族にバレません。

・全額返金保証だから挑戦しやすく万が一満足できなくても安心です。


成人する前にちゃちゃっと真性包茎から脱出しましょう。

剥ければ仮性包茎でもズル剥けでもいいですが

大人になっても剥くことができないと手術の可能性が出てきますので

中学生、高校生の頃が最後のチャンスです!!

またこの時期がおちんちんが大きく成長しますので

ここで亀頭が露出できれば成長を妨げずに済みます。

 

 

スポンサーリンク

【ちんこを剥いた状態で生活しない方がいい場合】

①剥けるようになったばかりで亀頭に触れると痛くて我慢できない時

子供の頃の亀頭は火傷した皮膚のように非常に敏感で

触れるだけで激痛です。

剥けるようになって依然より痛みは減って来たものの

パンツに触れると痛い場合は無理しないようにしましょう。

体を動かす場合、痛みで腰が引けてしまいます。

また、亀頭への刺激で勃起する可能性もありますので

万が一勃起しても隠せるようはじめのうちは長時間座っている

授業中やデスクワーク中にしましょう。

 

②幼時から小学生

おちんちんがまだ小さく、大人でいう重度の包茎状態ですので

剥けたとしても剥いた状態を維持するのは難しいです。

また、子供は色んなものを触ったりよく手を洗っていなかったりするので

ばい菌の付いた手でおちんちんを触らないためにも

無理に剥いた状態を維持する必要はありません。

この期間はお風呂で完全に剥けるようにむきむき体操をする期間としましょう。

スポンサーリンク

【ちんこを剥いた状態で生活する方法まとめ】

包茎の度合で剥いた状態を維持してください。

軽度は皮が戻りにくいためトイレなどのタイミングで剥いておきましょう。

中度、重度はマイラップなどの包茎強制器具を使うのが一番楽で確実です。

剥いた状態を維持することでおちんちんの成長を妨げることなく

成長させることができまた悪臭防止にもなります。

しかし、痛すぎたり小学生だったりの子供の段階は剥いた状態を維持しなくてOKです。

なお、ズル剥けを推奨するものではありませんので

仮性包茎のままでも全く問題ありません。



スポンサーリンク
新米パパママへ男子諸君へ
スポンサーリンク
コン助をフォローする
すげーなスゴイデス

コメント

  1. kei より:

    大学生男子ですが重度の仮性包茎のばあいのデメリットを詳しく知りたいです
    軽度~中度なら気にしなくて放置していいけど、重度の場合はなるべく中度とかに改善するようにしといたほうがいいという感じですか?

    • コン助 コン助 より:

      keiさんコメントありがとうございます!!
      重度の仮性包茎のデメリットは
      ・20代前半までは亀頭の発達が阻害される(先細りちんこ)
      ・尿が包皮に付着した状態が続き悪臭やチンカスを発生させる原因になる
      ・日常的に亀頭の刺激が足りず亀頭が敏感のままで早漏のまま
      ・包皮が邪魔でゴムが付けにくかったり外れやすかったりする
      ・皮オナニーしがちになり本来の亀頭への刺激によるオナニーができない(膣内でイキにくくなる)
      ・おしっこする時など剥く際に何度か手繰り寄せなければならない
      ・上向き収納にしても包皮に押され上向き収納しにくい
      ・剥いた状態を維持しようとしても包皮が戻りやすい
      ・包皮に押され竿が腹部に入り込みやすい(小さく見える)
      ・パイパンにすると幼稚に見えてしまう
      こんなところですね。
      重軽度関わらず包茎であることは悪いことではありませんし問題があるわけでもありません。
      しかし、確かに重度の方が上記のデメリットの影響は起こりやすいです。
      大学生とのことでまだペニスは成長の可能性がありますので
      できるだけ剥いた状態を維持して中軽度を目指すことをオススメします。
      成長が促進され竿や亀頭が大きくなり包皮が後退し中度、軽度になるかもしれません。
      また、重度のままでも亀頭が大きくなることで包皮をカリに引掛けやすく
      剥いた状態をキープしやすくなります。
      なかなか他の人に相談できる内容じゃないと思うので
      他に気になること悩んでいることがあればいつでもコメントくださいね!!

      • kei より:

        ありがとうございます!
        中軽度と比べてやっぱりデメリットがたくさんあるんですね…
        実は自分のがたぶん重度の仮性で、衛生面と見た目が悩んでるんですがほとんど当てはまってました
        大学生になってから合宿や温泉で周りの友達とかのをこっそりチェックしたら、剥けてる人もけっこういて、被ってる人でも中度か軽度しかいないです。小中学生のときは重度みたいな人もいた気がするんですが、成人ぐらいになるとみんな成長してるから、たとえ包茎でも重度の状態は卒業できてる人がほとんどっていうことなんですかね?
        すいません、コメントで悩み相談してしまって

        • コン助 コン助 より:

          keiさん
          半剥けくらいの中軽度の包茎は皮が少ない分、カリに引掛けやすいので
          ズル剥けではないものの剥いた状態は維持しやすくデメリットも軽減されると思います。
          カリに引掛けおきやすいので、友人のおちんちんが剥けているのはもしかしたら剥いているだけかもしれません。
          日本人の包茎率は非常に高く包茎だから恥ずかしいことはありません。
          しかし、keiさんがどうしても気になって一生悩んだり自信を無くしたり楽しめなかったりするのであれば
          手術を考えてみてもいいと思います。
          剥けるか剥けないか、重度が軽度かはその人のポテンシャルや亀頭の露出ができた時期
          亀頭への刺激、家庭での教育なども関係します。
          第二成長期におちんちんも成長しますので
          確かに子供の頃はすっぽり被っていても中軽度になる人も多々います。
          かと言って、必ず半剥けやズル剥けになるとは言い切れません。
          20代でも30代それ以上でも重度の包茎の人はたくさんいます。
          ただ30代以上の世代は包茎が恥ずかしいとう風潮をもろに受けており
          手術している人もたくさんいます。
          一方で昨今は包茎が普通なことが認知されはじめ
          お風呂屋さんでも包茎だから隠したりわざわざ剥いたりする人も減って来ました。
          まだ大学生とのことで幸い成長が止まっていないと思うので
          できるだけ皮を引っ張らず剥いた状態を維持できるよう生活を工夫してみてください。
          何よりも、自分が重度の包茎だからと落ち込んだり自信をなくしてはいけません。
          自信を無くすことで精神的なEDにもつながります。
          重度でもあっても剥くことができれば何も問題はありませんよ。
          包茎はkeiさんを構成しているごく一面にすぎません。
          他にたくさんいいところがあるはずですからね!!
          近いうちに相談窓口を開設しようと考えております。
          そこで具体的に、また他の相談でもお受けできればと思っております。
          開設まで今しばらくお待ちください!!

          • kei より:

            とても丁寧にありがとうございます!そこまで悩みすぎなくても大丈夫なんですね!
            まあでも改善はするようにちゃんと努力はしたほうがいいって分かったので、頑張ろうと思います!もし相談窓口につづきを相談するときは、よろしくお願いします!

          • コン助 コン助 より:

            keiさん
            みんな大きさもカタチも包茎具合も違います。
            周りと比べる必要はありません。
            keiさん自身が納得できるかです。
            区切りとして25歳まで頑張ってみてそれでも変わらないようであれば
            そのままにするか別の方法を考えるかにしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました